メインイメージ

中学入学準備コース


「優劣をつける」「クラスの一番になる」このような子供たちを闇雲に競争させる風潮は一昔前に比べて大分緩和されました。では実際に競争社会ではなくなったのでしょうか?答えはNOです。中学入試・高校入試・大学入試・就職試験、どのカテゴリーにおいても私達には競争が課され、一般的に皆さんが入学(社)を希望される所ではそれが激化しています。ではそうした競争を勝ち抜くためには「特別な勉強法」「血の滲むような努力」「莫大な費用」が幼い頃から必要なのでしょうか?その答えもNOです。 現在小学校で学ぶ国語・算数の学力は、学年の進級だけではなく中学や高校に進学していく中で必要となる、「問題を自ら考え解決していく力」、「状況に適応し能力を発揮する力」、「他者と接する中で自身の思いを伝える力」に大きく繋がっていきます。そしてこのような力は飲み込みが一番早く素直な小学生の時期にしか得られない発達能力であるとも言えます。中学入学準備コースでは、中学受験をせずに公立中学に進学される小学1年生~6年生を対象に、今後の人生において必要となる「自発向上能力」「状況適応能力」「コミュニケーション能力」育成の鍵となる「正しい勉強法の定着」を目標に指導を行っています。「机に座る」「教科書を開く」「問題を解く」こうした当たり前の習慣定着で終わらせず、ハッピースマイルでは誰もが見落としがちな以下の4つのポイントを徹底的に改善し、「正しい勉強法」を定着させます。

ケース①間違えの大半は計算ミス。ケアレスを無くせば成績が上がる。




ケース②1日2時間は机に座っているから勉強の習慣は出来ている。




ケース③中学入試しないから塾や家庭教師は必要ない。




ケース④学校の成績が悪くないから問題ない。








サイドバナー1

PAGE TOP

Copyright© 家庭教師のハッピースマイル All Rights Reserved.