メインイメージ

中学受験コース


ここ10年の中学受験者数は右肩上がりに増加しています。この背景には、ゆとり教育による公立学校の学力の相対的な低下が挙げられます。そもそもゆとり教育とはそれまでの知識重視型の教育方針を詰め込み教育であるとして廃し、経験重視型の教育方針をもって、授業の時間と内容を縮小したゆとりある学校をめざした教育のことです。結果的には、週休2日制や総合学習導入によって授業数が減少し、学生の学力が相対的に低下し現在では大きく見直されています。こうした中で、中高一貫による長期的な教育体制、土曜授業(受験対策、補習がメイン)を行う私立中学への進学希望が増え、以前はさほど倍率が高くなかった中学でさえも入学が難関になっていると聞きます。その為一般的に中学受験対策の早期化(ハッピースマイルでも小学1年生の保護者から相談を受ける事もあります)と中受専門塾の需要が上がって年々増加しています。

中学入試対策コースでは、小学5年生までに小学校の範囲の勉強は終了させ、最後の1年間で徹底的な「志望校対策」を行っていきます。また家庭教師のハッピースマイルでは無くて、進学塾のサポートとして入会されても構いません。確かな基礎演習と志望校にリンクした実践対策で大輪の花を咲かせましょう。

ケース①塾に通っているから家庭教師は必要ない




ケース②塾のカリキュラムに沿ってやれば絶対に大丈夫。




ケース③模試の成績はイマイチだけど信じて続ければ大丈夫。








サイドバナー1

PAGE TOP

Copyright© 家庭教師のハッピースマイル All Rights Reserved.